爪を早く伸ばす方法4選!美爪を育てる簡単ネイルケアや爪が伸びる周期を徹底解説

"目指せあこがれ美爪! 爪を早く伸ばす方法"

「爪を切り過ぎて深爪になった」
「ネイルをしたいから爪を伸ばしたい」

このような悩みを抱えてる人のために、今回は爪を早く伸ばす方法を3つ紹介します。
あわせて爪が伸びる周期や条件も解説。

「爪はどういったものなのか、どうやって伸びるのか」を知っておくと、爪を成長させるためのポイントを把握しやすいです。
爪を伸ばすコツを意識して、少しでも早く理想の爪の長さを手に入れていきましょう。

爪が伸びる周期と条件

手の爪は1日に約0.1mm、1カ月では約3mm伸びるとされています。
(※参考:育爪サロン L’AMERIC)
爪がすべて生え変わるまでには、3〜4カ月の周期が必要です。

また、爪が伸びやすくなるといわれる条件や環境は様々あります。

条件詳細
季節夏は代謝が活発になるので伸びやすい
年齢年齢が若いほど爪が伸びやすく、年齢を重ねるごとに伸びにくくなる
性別筋肉量が多く代謝の高い男性の方が伸びやすい
食習慣タンパク質を多く摂取するほど爪が伸びやすくなる
睡眠規則正しく睡眠をとることで成長ホルモンが分泌され、爪が伸びやすくなる

とはいえ、爪を伸ばすためには季節や年齢、性別に関わらず、新陳代謝を高めるのが大切。
血流が促されて栄養が爪に届きやすくなることで、爪の成長をサポートできる可能性があるでしょう。

上記の点を踏まえて、次に爪を早く伸ばすコツを紹介していきます。

爪を早く伸ばす簡単なコツ4つ

前述したように、爪を早く伸ばすには新陳代謝を高めるのがポイント。

ここからは爪を早く伸ばす生活習慣を紹介していきます。

  • ネイルオイルやハンドクリームで保湿ケアする
  • ツボ押しやマッサージで血行を整える
  • 食事から動物性タンパク質、植物性タンパク質をバランスよく摂る
  • 就寝リズムを見直して夜間に睡眠をしっかりとる

ネイルオイルやハンドクリームで爪の乾燥を防ぐ

手が乾燥しやすい方は、まずは爪を保湿することが大切

爪は肌の一部なので、肌と同じように乾燥します。
爪が乾燥すると代謝が低下するだけでなく、ひび割れや剥がれといったトラブルにもつながりかねません。

空気が乾燥しやすい冬だけでなく、紫外線が強くなる夏も手は乾燥します。

  • キューティクルオイル(ネイルオイル)
  • ハンドクリーム

などを使って、年間を通してうるおいを与えましょう。

十分な保湿効果を実感するためにも、植物由来のオイルが配合されたものがおすすめです。

  • ホホバオイル
  • スクワランオイル
  • アボカドオイル
  • 椿オイル
  • アーモンドオイル
  • オリーブオイル

ハンドクリームやオイルで爪を保湿して、爪が伸びやすい状態にしていきましょう。

マッサージで血行を促進する

手元が冷えやすい方は、マッサージで血行を改善するのが爪を伸ばしやすくなるコツ。

実は指先まで血流が巡っていないと、爪の成長が遅くなる原因になりかねません。

爪の伸びる速度は指先を流れる血液の量によって影響を受け、血液の量が少ないと成長は遅くなります。

(出典:医療法人将優会クリニックうしたに)

血流に乗って栄養も行き渡りやすくなるので、爪を早く伸ばせると考えられています。

指のマッサージをするときは、保湿クリームやオイルを塗るのがポイントです。

  1. 爪にハンドクリームかオイルを塗る
  2. 爪の生え際から2mmほど下の両サイドを、反対の手の親指と人差し指で挟む
  3. 10秒ほどギュッと押す(3回)
  4. 他の指も同様にマッサージする

このマッサージでは、血行促進の効果がある「井穴(せいけつ)」というツボを刺激します。

少し痛みを感じるくらいの強さでぎゅっと押すことで、指がじわーっと温まってくるでしょう。
指に刺激を与えることで、自律神経の調整や体の抵抗力を高める効果も期待できます。

すべての指をマッサージしても2分ほどで終了。
電車の中や休み時間といったスキマ時間に取り組んでみてください。

シャワー派の人は湯船に浸かるのもおすすめ

普段シャワーだけで済ませている場合は、湯船に浸かるのも爪を早く伸ばす近道。
湯船に浸かって体を温めたり水圧を受けたりすることで、指先まで血流がめぐりやすくなるからです。

半身浴をするだけでも、シャワーの約3倍も血流量が増えることがわかっています
(※参考:内野株式会社)

体の冷えが気になるときは、お風呂にゆっくり浸かってみてください。

食べ物からタンパク質を摂取する

スムーズな爪の成長を目指すなら、食べ物からタンパク質を補うことも大切です。

そもそも爪の主成分は「ケラチン」というタンパク質で、皮ふが角質化してできています。
健康な爪を育てるためには、タンパク質をしっかり摂取することが欠かせません。

タンパク質は肉類や魚類、乳製品、大豆食品に豊富に含まれています。

  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • 鳥肉
  • 豚肉
  • 鳥レバー
  • 豚レバー
  • ロースハム
  • あじ
  • いわし
  • かつお
  • さけ
  • 豆腐
  • 納豆
  • 豆乳
  • えんどう豆
  • ブロッコリー

動物性タンパク質は肉や魚、乳製品に含まれるタンパク質。
体内でつくり出せない「必須アミノ酸」が豊富ですが、油脂が多いのがネックです。
(タンパク質はアミノ酸が集まってできる成分です)

一方で植物性タンパク質は、大豆食品や野菜に含まれるタンパク質。
油脂をほとんど含んでいませんが、必須アミノ酸を十分に補えません。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、「動物性タンパク質:植物性タンパク質=1:1」のバランスで摂るのが理想的です。

ビタミンB2の摂取もおすすめ

爪を早く伸ばすなら、タンパク質だけでなくビタミンB群の摂取もポイントです。

  • ビタミンB6:アミノ酸結合を促しタンパク質生成を助ける
    ⇒かつお、まぐろ、鮭、豚ひれ、鶏ささみ、バナナ、赤パプリカ、玄米などに豊富
  • ビタミンB12:タンパク質の合成をサポートする
    ⇒あさり、さば、ほっけ、ほたて、しじみ、あじ、焼きのりなどに豊富

爪を少しでも早く伸ばしたい方は、上記の食材も積極的に摂っていきましょう。

夜間にしっかり睡眠をとる

早く爪を伸ばしたい方は、しっかりと睡眠をとるように意識するのも大切。

22時〜深夜2時までに就寝することが理想的です。
この時間帯は成長ホルモンの分泌が活発になるので、スムーズな爪の成長を期待できます。

ただし、とにかく長く寝るのではなく夜間にしっかり眠ることがポイント。
さらに「毎日同じ時間に眠る」など、就寝リズムを整えるのを意識しましょう。

「ついついテレビや動画を観て寝るのが遅くなっている」という方は、睡眠を見直してみてください。

途中で折れないようにネイルケアするのも大切

爪をキレイに伸ばすには、ネイルケアを見直して途中で爪を折れないようにする工夫も必要です。

ベースコート、マニキュアで補強する

外部刺激や乾燥から爪を守るためにも、ベースコートやマニキュアで補強しましょう。

特にベースコートは爪の補強だけでなく、爪表面をコーティングしてうるおいを閉じ込めるので保湿にも効果的。
ただし高頻度に塗っていると爪の負担になるので、1週間に1回を目安に塗り足してください。

爪を噛んだり打撃を与えたりしない

爪を健康に育てるには、衝撃を与えないようにするのが重要です。

次のような習慣は爪の負担となるので、可能な限り控えましょう。

  • 爪を噛む
  • 爪を立ててタイピングをする
  • 爪を使って缶などの蓋を開ける

爪を噛むのがクセになっていると、爪が伸びても欠けてしまいます。
飴を舐めて紛らわしたりマニキュアを塗ったりして、爪を噛まないようにしてください。

デスクワークでタイピングをしている方は、指の腹でタイピングしましょう
爪を立ててタイピングすると爪に打撃が加わり、折れたり割れたりしかねません。

同様に缶などの蓋を開ける際に爪を引っ掛けると、爪が傷んでしまいます。
爪を伸ばしている期間は、缶オープナーを活用しましょう。

伸びた甘皮は処理する

甘皮が爪表面にまで伸びてきている方は、余分な甘皮を除去しましょう。

本来、甘皮は細菌の侵入を防いだり爪を保護する役割があります。
ただ甘皮が伸びすぎていると爪の水分を奪い、爪の乾燥を招いて割れやすくなりかねません。

2週間に1回程度を目安に、家にある物を使って処理してみてください。

【準備するもの】

  • 綿棒
  • ハンドクリーム
  • お湯の入ったコップ(または容器)

【処理方法】

  1. 甘皮部分にハンドクリームを塗る
  2. 38度〜40度のお湯が入ったコップに指先を浸けて、約10分待つ
  3. 綿棒で伸びた甘皮を押し上げる
  4. 爪と皮ふの境目に溜まった甘皮を綿棒で拭き取る
  5. 押し上げ終わったら甘皮にハンドクリームを塗って保湿する

(参考:家にあるもので簡単!セルフでできる甘皮処理のやり方と必要な道具を解説

爪をどこかにぶつけたり空気の乾燥で水分を奪われたりしないためにも、まずはベースコートなどで爪をカバー。
爪の補強と保湿が期待でき、外部刺激から爪を守れます。

その上で、噛み癖やタイピング方法を見直しましょう。
気づかないうちに爪を傷めている可能性があるので、タイピングや缶などの開封は特に注意してください。

爪のケアで見落としがちなのが甘皮の処理
余分な甘皮は爪の水分を奪って乾燥を助長するので、伸びたら取り除くことが大切です。

肌と同じように、爪も様々な影響で成長が遅くなったりスムーズになったりします。
爪を切り過ぎた方やネイルを考えている方は、今回紹介した方法を心がけて爪の成長を促してみてください。

  • 保湿ケアを徹底する
    ⇒植物由来のオイルが配合されたネイルオイル、ハンドクリームを使うのがおすすめ
  • マッサージで血行を整える
    ⇒マッサージ時はハンドクリームを使うのがおすすめ
    少し痛みを感じるくらいの強さで「井穴(せいけつ)」を刺激するのがポイント
  • 食べ物からタンパク質をしっかり摂る
    ⇒「動物性タンパク質:植物性=1:1」のバランスで摂るように意識する
  • 夜間に睡眠をしっかり摂る
    →22時〜深夜2時までに就寝し、毎日就寝リズムを一定にする

また爪を伸ばしている期間中は、爪を保護することも大切。
折れたり割れたりしないように、ベースコートやマニキュアで爪をコーティングしておくと良いでしょう。

今回紹介した方法を試せば爪が早く伸びるのはもちろん、ツヤのある健康的な爪に成長します。
ネイルの仕上がりも一段と綺麗になり、爪を見るのが楽しくなるかもしれません。